2019年1月15日火曜日

第102回【ひとを殺す道具④】

2013年度は「人を殺す道具」をテーマとして勉強をしました。前回、ゼミ生たちが取り上げたテーマの一覧をお見せしました。このうちで、もっとも従来型でない兵器を取り上げた論文について今回はご紹介したいと思います。

2013年度と言いますと、ほんの5~6年前に過ぎないのですが、現代のテクノロジーの進化にとって「5年とは永遠に等しい」そうで、この間に一気に普通の兵器となったものもあります。その代表が無人航空機であると思います。ドローンと呼ばれることもあります。

映画「アイ・イン・ザ・スカイ」で描かれて有名ですが、現代においては、ドローンは様々な軍事的作戦遂行に欠かせないものとなっています。

無人飛行機と言えば、一昔前はせいぜい農薬の散布などに使用されるものとのイメージが強かったわけですが、軍事的には、偵察飛行のために主に使われていました。アメリカにおいて特に、自国の戦闘員の死亡を強く避ける傾向と技術の進歩が相俟って21世紀に入ってその存在は急速に進歩しました。

現在では、昆虫並みの大きさのものに始まり高高度からミサイルを発射できるような大型のものまでが存在しています。衛星やそれを利用した通信の発達がこれらの兵器の大幅な進歩に寄与しています。

オバマ大統領は、アメリカの兵士を危険に晒すことのないドローンを使用した敵への攻撃を好んだと言われていますが、こうした攻撃のひとつひとつはどちらかと言えば小さな戦闘に過ぎないために、マスコミなどでの話題にも上りにくいというのが現実で、私たちが知る以上に実はこうした戦闘が遂行されているようです。

こうした新しい兵器の提出する倫理的な問題をゼミ生は指摘しています。まず第1に、こうした攻撃はピンポイントとなるのが普通で、これは戦闘というよりは限りなく暗殺に近いものとなります。こうしたことは許されるでしょうか。テロとの戦いということで「仕方ない」とされている面もあるのですが、倫理的な問題がそこにあることは確かです。

また第2に、こうしたドローンを遠隔操作で操縦する兵士の抱える問題もあります。信じられない話ですが、たとえば、アメリカのラスベガス郊外の基地から、アフガニスタンやイラク、シリアなどの上空を飛ぶ無人飛行機を彼らは操縦しているのです。そして、必要が生じれば、ターゲットに照準を合わせてミサイルを発射し殺害するということを行っています。軍服を着ていることは確かですが、オフィスのPCの前で仕事をするのが彼らの任務で、当然ながら、戦闘の実感は欠けるのが普通です。こうしたことがこうした兵士の精神にどのような影響を与えるかはまだ確かにはなっていません。映画「アイ・イン・ザ・スカイ」で描かれているような、子供を含む巻き添えを伴うような爆撃の後の彼らの精神がいかなる影響を受けるのか、今後大きな問題になるかもしれませんし、あるいは、こうした戦闘形態が普通になるにつれて問題ではならなくなるかもしれません。

ちなみに、2019年の現在では、こうしたドローンの世界最大の会社は中国の会社となっているようです。もちろん、軍事的な用途においてはそうはいかないのかもしれませんが。

ドローンとは逆に今でも兵器として使われている形跡のないものとして、「音響兵器」を取り上げたゼミ生がいました。
音響兵器とは、音波を利用して人間の耳やその奥の脳に影響を与えようとする兵器です。ただ、これによって人を殺すところまでいくのかどうかは今も疑問です。

これを使ってできることは、人や動物をある場所から遠ざけるという程度のことに過ぎません。実際に使われた例も多くはないようです。日本の捕鯨船がそれを妨害しようとするシー・シェパードの船に対して使った例が確認される程度です。

ただ、こういう兵器が実際に存在していることは事実で、そうである限り、それがどのように発展するかを見通すことはなかなか困難ですし、密かに使われている例がないとは言い切れません。実際、2017年8月には、キューバにおいて、アメリカ大使館の職員が体調不良を訴え、これが音響兵器の使用によるものではなかとの報道がなされています。この状況は前年から続いていたそうで、重度の聴覚障害の症状を20人以上が訴えているとのことです。その結果、アメリカ大使館では、緊急要員を除く大使館員やその家族を帰国させています。

これが本当に超音波を用いた音響兵器による被害であるのかどうかは確認できませんが、それでも、その可能性があるとすれば、音響兵器はすでに現実に使用されているものということができます。人を殺すに至らないこうした兵器をどのように位置づけたらいいか、私たちはよく考えてみなければならないのかもしれません。

※このブログは毎月15日、30日に更新されます。





2018年12月30日日曜日

第101回【ひとを殺す道具③】

2013年度は「人を殺す道具」と題して1年間ゼミを行いました。ゼミ生がどんな「武器」を取り上げ、どのような議論を展開したかを何回かにわたってご紹介致します。

例年、私はゼミ生に対して、ゼミ論のタイトルの重要性について強調してきました。タイトルは、筆者のテーマへの理解の深さと角度を明確に表すものであるべきで、徹底的に工夫されなければならないものです。私の著書『ウェストファリアは終わらない』がその点で優れたタイトルかどうかは自分では判定しかねるのですが。

2013年度は例外的に、私が全員に同一のタイトルを与えました。すなわち、「人を殺す道具――〇〇」の〇〇のところに自分の取り上げた「武器」を入れなさいという指示です。もちろん、副題を付けることは自由であるとしました。副題を付けたゼミ生もいれば、何もつけないゼミ生もいました。
全員のテーマを並べてみると、案外面白いので、今回はゼミ生がどんな武器を取り上げたかの一覧をお見せ致します。
  1 潜水艦
  2 小型武器(小火器)
  3 プロパガンダ
  4 攻撃ヘリコプター
  5 音響兵器
  6 AK47
  7 マスタードガス
  8 こども
  9 対潜哨戒機
  10 無人航空機
  11 魚雷
  12 地雷
  13 地雷
  14 化学兵器
  15 処刑(のための器具)
  16 クラスター爆弾
  17 劣化ウラン弾
これらを、いくつかに分類して次回以降その内容を簡単にご紹介致します。

※このブログは毎月15日、30日に更新されます。




2018年12月17日月曜日

第100回【ひとを殺す道具②】

2013年度のテーマは「ひとを殺す道具」。武器をテーマとします。
武器と言っても、できるだけ広い意味でこれを考えていきたいと思っています。銃はもちろん兵器ですが、ナイフだって兵器として使用できないわけではありません。銃にも様々な種類があります。もう少し大きくなると、ミサイルや飛行機、潜水艦、空母のような兵器もあります。また、馬や犬や鳩も兵器として用いられたことがあります。

直接的に兵器とは言えなくても、兵器の一部として無視できない機能を果たしている部品も重要かもしれません。ミサイルの先端部分に取り付けられているカメラや戦場で使用されているオフロード用の自動車だって立派な兵器の一部です。日本ではあまり取り上げられませんが、スペースシャトルで行われている実験の大半は軍事目的のはずです。

逆に、インターネットは軍事向けに作られたものが一般に普及して今ではなくてはならないものに発展しています。CDMAなどの携帯電話の技術も軍事目的で開発されたものです。つまり、軍事用の技術と民間向けの技術は今では広い範囲で共有されていて一線を画すことは非常に難しくなっています。これらのすべてを2013年度のテーマの範囲とします。

武器には、その武器そのものの効用(目的と言い換えてもいいですが)がまずあります。たとえば、地雷の中には次のようなものがあります。その地雷はひとを殺しません。片足を吹っ飛ばすだけ。片足を失った少年少女や大人の治療に、そして、その後のその人たちの生活に、社会は何らかの負担をしなければなりません。彼らは障碍者になってしまったのですから。社会に負担をわざわざ強いることが目的の地雷ということになります。だからわざと人が死なないように作られている地雷なのです。こういう武器の効用を調べます。

また、武器の開発には様々な局面があります。こうしたプロセスに特色があればそれを調べるのも面白いはずです。民間で開発された技術が重要な武器に使用される過程などがこれに当たります。たとえば、ステルス戦闘機。レーダーではその存在が読み取れない飛行機ですが、この飛行機には特殊な塗料が塗られています。その塗料は、日本の会社が、テレビの電波を吸収して跳ね返さない塗料として開発してビルなどに塗って使用するはずでした。レーダーは飛ばした電波の跳ね返りを読み取るものなので電波が跳ね返らないで吸収されると読み取りは不可能になります。これを飛行機に塗ればレーダーに捕捉されない、つまり見えない戦闘機が作れると考えたのはアメリカ人で、日本人の開発者には想像もつかないことでした。こうした民需と軍需の相互乗り入れもテーマになります。

あるいは、映画「戦火の馬」でも描かれているように、馬は戦争の重要な一部でした。第1次大戦を境にそれは戦車に取って代わられることになりました。なぜ戦車が登場したかといえば、機関銃の登場が欠かせません。機関銃の登場、鉄条網と塹壕での戦い、これが馬を戦場において無用の長物にしたのです。馬にとってはラッキーですが。こういう移り変わりもテーマになります。


以上のような、武器(ひとを殺す道具)をめぐる様々には無数のテーマが隠れています。それらを発掘して、そのうちのひとつを自分のテーマとして掘り下げるのが2013年度の柴田ゼミとなります。そうした考察から現代の国際政治を捉え直し、21世紀の未来の世界を思い描いてみたいと思っています。

※このブログは毎月15日、30日に更新されます。


2018年12月5日水曜日

第99回【ひとを殺す道具①】

2013年度の柴田ゼミのテーマとそこでの議論をご報告致します。
ゼミに臨むに際して、ゼミ生に対して以下のような話を致しました。
前回(98回目)で述べましたように、この時期はまだピンカー教授の著書を読んでおらず、20世紀の評価につきましては古いままにしてあります。ただ、10万人当たりの数字での統計的な理解ではなく、規模それ自体の理解としては、20世紀が大規模な「殺人」を繰り返したことは否定できません。ここでは、2013年における私の議論をそのままにしてご報告を続けることと致します。

2012年度のテーマもその一環だったのですが、たぶん数年がかりとなる現在の柴田ゼミのテーマは、20世紀がなぜあんなにも野蛮で残酷な世紀になったのかということなのです。
2011年度は「核兵器」がテーマでした。20世紀が残した最大の難問(difficulties)のひとつです。核兵器の双子の弟、原発も20世紀が残した難問であることに今や日本人のすべてが気づいています。2012年度のテーマは「民族自決」。20世紀が血塗られたものとなったのは、共産主義やら民族自決やらといったイデオロギーが人々を戦いへと駆り立てたからだと私は思います。

2011年度は、「核兵器」というテーマに対する「結論」を考えながら、2012年度のテーマ「民族自決」のことをこれまた考えていたのですが、実は、その時点では、私自身がまだ私自身の問題意識に気が付いていない状態だったと思います。2013年度のテーマを決めたのは2012年秋になってからですが、自分で自分の関心に気が付いたのは、その時になってからのことです。


大きく言うと、「大量殺人のハードとソフト」に現在私は関心があります。20世紀は人類史上最も野蛮な世紀で、最も大量に人間が殺された100年間でした。なぜそうなったかについては、様々な議論がありえますが、私は、大量殺人のための「ハード」と「ソフト」が出揃ったからだと思います。言うまでもなく、核兵器は大量殺人のハードの典型的なものです。2012年度に取り上げた民族自決は、独立を求める多くの人々の大量殺人を肯定するソフト、つまり、イデオロギーとして機能した側面を否定できません。このように考えると、2011年度のテーマ(「核兵器」)と2012年度のテーマ(「民族自決」)は実は繋がっていたのです。2013年度のテーマを考える中でようやくそれに気が付きました。

※このブログは毎月15日、30日に更新されます。


2018年11月16日金曜日

第98回【20世紀の悪魔・民族自決⑱】

前回の最後に予告致しました通り、今回は「冒険」の番外編です。

2012年度は「20世紀の悪魔・民族自決」と題してゼミを1年間行いました。テーマの背景には、20世紀が人類の歴史でもっとも野蛮な世紀であって、なぜそんなことになってしまったのか、という関心が常に存在していました。

しかしながら、考えてみれば、20世紀がとりわけ野蛮であるということは、どこまでも印象論に過ぎないものでした。第1次大戦、ロシア革命からスターリンへ、そして、ナチスドイツの所業と第2次大戦、毛沢東による大躍進や文化大革命による自国民虐殺、ビルマ・ポルポトによる毛にならったかのような自国民の大虐殺、さらに、ルワンダなどの虐殺と、20世紀を振り返ると確かに億単位で人が殺されたわけで、これを「野蛮の世紀」と呼ばずしてどの時代を野蛮と呼ぶのかと考えてしまうのは当然のことです。しかしながら、統計的な考慮を勘案して人類の歴史を振り返ってみると、20世紀は、案外、印象ほど悪くないということが人類学者の間では常識であるということを最近になって知るようになりました。

ハーバード大学のスティーブン・ピンカー教授によれば、古代の狩猟採集社会、その後の部族社会から近代国家中心の現代までの戦争や暴力による死者数を推定して比較すると、人口10万人当たりの死者数は、国家の下にある場合の方が、それ以前の伝統的な社会よりもはるかに少ないということで、このことは、ピンカー教授の『暴力の人類史』に詳しく書かれています。日本語訳で上下2巻1200ページを超え、註と参考文献表だけでも100ページ以上になる大著です。

確かに、20世紀は戦争やその他の暴力によって多くの人命が失われたわけですが、死者を分子とし、人口を分母とする統計的な処理をすると、随分とその印象が変わります。そして、印象の変化以上に重要であることは、なぜそうした変化が起きたのか、つまり、印象とは違って、20世紀において理不尽な暴力による死者の割合が減ったのはなぜか、という疑問に対する答えであると思います。

ピンカー教授は、その答えを単一のものに求めてはいませんが、そのうちの最も重要なものとして主権国家の確立を挙げています。それが必ずしも民主的でないとしても、政府の管理下に入ることで、すなわち、法の支配を受け入れることで、殺人は激減するということは、文化人類学者の常識であるとのことです。残念ながら、政治学者の常識とはなっていませんが。

手前みそになりますが、私は自著『ウェストファリアは終わらない』において、未来の平和な世界を、民主的な主権国民国家による外交と国際法の世界として描きました。カント的な平和の発想であり、それはそれほど珍しい主張ではないのですが、ピンカー教授の証明する暴力の減少という現象と響きあうところがあります。国家が暴力を国内において独占することによって国内社会に平和を築き上げ、その国家がことごとく民主化されることによって、国家による対外的な暴力の使用が制限されるようになる世界こそ、私たちが望むことのできる最も平和な世界なのではないでしょうか。私は、20世紀が野蛮な世紀であると信じながらなお、その延長線上にしか平和は存在しないと考えたわけですが、ピンカー教授が提示しているように、20世紀が人類のそれまでの歴史に比較してそう悪くないものだとすれば、ますます希望が湧くというものです。

アフガニスタンやイラク、シリアの問題にしても、また、中米からアメリカへ徒歩で向かう移民の群れにしても、天文学的なインフレで多くの国民が国外に逃れているヴェネズエラの問題にしても、根本的な問題は、そこに民主的な主権国家が確立されていないということに尽きるように思います。20世紀の後半以来、主権国家の時代は終わり新しい時代がやって来るかのような言説が多く登場したのですが、それらは大いに間違っていたのではないでしょうか。21世紀の今もなお、民主的な主権国家による世界は未確立で、その確立こそがまさに現下と将来の課題なのではないでしょうか。

ウェストファリアは終わらない』において私は以上のような問題を考えました。20世紀への評価がピンカー教授の影響によって大いに変化したとしても、そこで論じたことについてはなんら影響を受けなかったことを喜ばしく感じています。今後も勉強をしなければと改めて思いました。

※このブログは毎月15日、30日に更新されます。




2018年10月26日金曜日

第97回【20世紀の悪魔・民族自決⑰】

21世紀を20世紀とは異なる平和な世紀とする鍵は、「寛容」と「独立自尊」であると私は考えるようになりました。
「人民」の自決を許す「寛容」。誰が人民の資格を持つかはその時々で検討をする以外にないものと思います。抽象的な定義はたぶんできないのです。しかしながら、ゼミで勉強した皆さんには分かると思いますが、自決をした「人民」は断じて「独立自尊」を果たさねばなりません。これを果たす気のない、あるいは、果たす能力のない集団は「人民」ではないのです。そういう集団はより大きな国家に依存して生きるべきです。独立など考える資格はありません。しかしながら、ある集団が「独立自尊」を果たすまで、いったい、どれくらい待つべきなのでしょうか。私は気長に待つべきだと思っているのですが、それにしても、どれくらいの期間、先進国は援助をし続けるべきなのでしょうか。たとえば、カリブ海の島国ハイチは、アメリカ大陸で2番目に早く独立を果たした国(ちなみに1番目はアメリカ合衆国)ですが、現在も「独立自尊」を全うしたとは言い難い状態にあります。独立後200年経ってなお「独立自尊」が果たせないとしたら・・200年は長いのでしょうか、それとも、まだまだ短いのでしょうか。

人民の自決を許すとすれば、世界には現在よりはるかに多くの主権国民国家が生まれざるを得ません。その中には、ハイチのような例がたくさん含まれる可能性が高いと思います。私が今年度のゼミで得た最大のアイディアは「自治」という民族の在り方でした。どの人民も独立せずとも「自治」によってより容易に「独立自尊」に到達できるかもしれないという考えです。もちろん、自治にも「独立自尊」の責任が伴います。そして、肝心なことは、自治を獲得する側だけでなく、自治を与える側の国家の成熟が非常に重要だということです。分離独立の問題を抱える国家の多くが、この成熟とは無縁であるかのような国家であることは大変に大きな問題ですが、それでもなお、する側とされる側にとって分離独立よりは自治という解決の方がより容易な解決法であるように思います。

21世紀において、現在よりもはるかに多くの主権国民国家が生まれざるを得ないと私は考えます。仮に、自治という中間的な解決方法が相当にうまくいっても独立でしか満足できない人民・民族が多数存在することは否定できません。これをどのようにして可能にするかが21世紀の「難問」のひとつであると思います。私は、「許す」ことと「非真面目」が21世紀を生きる人が身に付ける態度であると信じています。もちろん、それによって「難問」が解決されるわけではありません。しかし、その宙ぶらりんな状態を許しそれに甘んじることこそが平和に生きる道なのです。

私たちは、自決しようとする人民・民族にそれを「許す」必要があります。それは独立でも自治でも構いません。そして、「独立自尊=自立」に至るまで彼らに多くの時間を与えることを「許さ」ねばなりません。その時間は人の一生を超える時間になる可能性があります。国家づくりとはそのような試みであるのです。だから、長ーく援助をしなければならなくなるかもしれません。そして、何事についても熱狂的に信じるようなことをしてはいけません。それを私は「非真面目」と呼びます。20世紀の教訓には様々なものがありますが、真面目で勤勉な公務員こそが大量殺人の実行者になるのだ、というのがその最大のもののひとつで、私は、何に対しても熱狂的にならない「非真面目」の態度こそがそれに対する有効な解毒剤であると思います。「許す」ということを背景から支えるのもこの「非真面目」の態度であると思います。私たちは21世紀をあまり真面目に生きてはいけません。あらゆる変化を受け流し認め適応する「非真面目」な態度こそが21世紀を平和にしうる態度なのです。

以上、2012年度末にゼミ生を対象にしてした講義の内容を再録致しました。

通常ですと、次回は2013年度のテーマに移るところですが、2012年から6年経った現在、その後私もちょっとは勉強をしたわけで、その結果、大きく認識を変えた部分が出てきました。次回それにつきまして論じたいと思います。

※このブログは毎月15日、30日に更新されます。


2018年10月15日月曜日

第96回【20世紀の悪魔・民族自決⑯】

さて、以上のことを踏まえて21世紀を展望してみましょう。
20世紀を史上もっとも野蛮にした3つの要因はどうなったでしょうか、あるいは、どのようになる見込みでしょうか。
第1に、武器・兵器は依然として進化し続けています。たぶん、武器・兵器は今後もずっと発展し続けるのだと思います。つまり、より効率よくより大量に人を殺す道具が工夫され続けるということです。人類はどこまで愚かなのでしょうか。

しかし、これにはこれまでの発展と多少違う方向も観察されます。つまり、アメリカが典型ですが、敵はいくら死んでもいいけれども、味方つまりアメリカ人が死ぬのは耐えられない社会が出来つつあります。今はアメリカが典型ですが、いずれどこの国でもそうなっていくものと思います。つまり、敵を一気に大量に殺す技術を発展させると同時に、味方をいかに戦闘で死なせないかという方向の兵器の開発が行われるはずです。無人飛行機の偵察や攻撃が今注目されていますが、これがその典型です。いずれSF映画のように、ロボットの兵士が登場することは間違いないと思います。

第2に、国際法は今後も間違いなく発展していくものと思いますし、それを無視してまともな主権国家が行動し続けられるとは考えられません。どんな国家も何事か行動を起こす場合には国際法を視野に入れないわけにはいきません。ただし、その進歩の歩みは遅々としたもので、そして、時には無力で、国際法が十分に国家の行動を縛るようになるまでには数百年の時を費やさざるを得ないものと思います。何度でも言いますが、それでもなお、国際法の発展にしか国際社会の未来はありません。

第3に、イデオロギーとしての共産主義はさすがに実効性を失いましたが、しかし、共産主義に代わるイデオロギーの登場までもなくなったとは言えないものと思います。イスラムをベースにしたかのようなテロリスト集団の狂信性は、共産主義のイデオロギーを凌ぐもののようにすら感じられます。テロは21世紀の主要テーマとなった感があります。

民族自決というものの考え方は21世紀においても有効で紛争の重要な鍵になるものと思います。だからこそこれを2012年度のテーマとしました。民族自決というものの考え方は間違いなく正義に適っています。問題はその概念が曖昧で、この権利を行使する主体が誰なのかが明確でないということであるように思います。植民地主義の遺産はまだ清算されていません。現に今ある国家の枠組みはどこまでも暫定的ということができます。

何しろ、植民地から独立したわけではない西欧諸国においてすら民族独立を訴える分離主義が珍しくありません。スコットランド、ウェールズは長期的にはイギリスから独立するのではないでしょうか。ベルギーが2つに分裂する可能性はかなり高いと思います。カナダのケベックも分離独立の可能性を依然秘めています。共産主義から解き放たれたチェコスロバキアはすでにチェコとスロバキアに分離しました。バルセロナ有するカタルーニャやバスクはスペインから独立する道を選ぶのでしょうか。かなり成熟した西欧の主権国民国家においてすら現在の国家の枠組みは盤石とは言えないわけです。

まして、50年前、60年前に植民地から独立した諸国においては、現在の国家の枠組み、もっと分かり易く言うと、現在の国境は、むしろ虚構に近いと言ってもいい場合がざらなわけです。こうした諸国においては、無数と言っていいほどの分離独立運動が存在しています。重要なのは、私たちが民族自決が正義だと考えるのであれば、こうした運動を認めなければならないということです。それとも、民族自決というイデオロギーを否定することは可能でしょうか。私はこれを不可能だと考えています。なぜならば、民族自決という考え方は正義に適っていると考えるからです。もちろん、何度も言うように、この概念はあまりにも曖昧なので、もっと明確化しなければならないとは思います。しかし、まるごと否定することは不可能であると考えます。つまり、私たちは、民族自決を疑問の余地のないように定義しなければならないのです。「民族」とは何かという問題です。そして、実は、これこそがまさに困難な問題で、簡単には解決されないと思うわけです。20世紀の悪魔のひとり「民族自決」を21世紀に飼いならすためには、だから、言葉の定義の問題とともに以下のような態度を身に付ける必要があると私は考えます。
(第97回に続く)

※このブログは毎月15日、30日に更新されます。